返済方法で選ぶならサラ金はどこがいいか

返済方法で選ぶならサラ金はどこがいいか

返済しやすかったサラ金(女性/40代)

私が頼ったのは、返済プランがいくつかあるサービスで、自由返済もできるローンサービスでした。一般的なキャッシングと同じで、利用限度額はだいたい100万円、金利が12%ほどのサービスで、インターネット上からログインして返済することもできれば、コンビニのATMから直接返済することもできます。

 

何より便利なのが口座引き落としですが、最初の借入で口座引き落としを利用して少し大変だったのと、計画的に利用しないと残高不足で支払い遅れが出てしまいそうだったので、自分で支払っていける返済方法で利用することにしました。約定返済日にコンビニに行って支払いをするだけなので、仕事終わりに毎回立ち寄るお店で支払いすればよかったので、負担もあまりありませんでした。

 

キャッシングのサービスによっては約定返済日以外には支払ってはいけないものもあるようで、そのような不便なサービスは選びたくありませんでした。金利が絶対に、強制的にかかってしまうサービスを利用しなければいけないほどお金に困ってはいなかったので、自由に返済ができるサービスが選べてよかったと思います。

 

ネット上にはそういったサービスの比較サイトなどもあり、ある程度は良いサービスを絞り込んでくれています。一人ですべて調べ上げるのは難しいですが、ネット上の情報や宣伝などもチェックしておけば少しでも良いサービスが見つけられるでしょう。また、私が地味にチェックしていたのは、電話対応の良さでした。

 

何かあったときでもしっかり対処してくれそうなサービスならば、万が一お財布を紛失した場合や盗難に遭った場合にも安心して対処できると思いました。ネット上の情報だけでなく、自分自身で確かめられることも合わせてサービスを選んでいきましょう。

 

ネットからも返済できるサービス

サラ金のサービスの質

一般的なサラ金は、そこまでサービス品質は高くないですが、近年はネットサービスや口座の利用しやすさが改善されています。相談窓口はあまり多くはなく、わからないことがあってもすぐに確認できないことも多くありましたが、ネット上のサイトにQ&Aが掲載されるようになっていたり、メールでの24時間相談に対応していたりするので、少しでもサービスが良い会社を選ぶとよいです。

 

それだけサービスを提供するだけの資金があり、良いサービスにしようと努力されている証なので、金利や返済方式だけでなく、それ以外の比較をしてみるのもよいです。即日融資ができなくても電話対応や話し方などがきっちりしているところは信頼して借り入れできます。

 

審査は比較的緩め

サラ金のキャッシングは銀行のカードローンなどに比べれば審査は比較的緩いです。しかし、必ず合格できるサービスではないので信用情報と収入、利用希望額の申告などは気を付けておくとよいです。審査において、収入証明書や住民票が必要になる場合もあるので、時間を見繕ってしっかり自分で用意するようにしましょう。

 

その際には、発行手数料が多少かかってしまうので、その分の金額的、時間的負担も考慮しておきましょう。審査はあまり無理な金額を申告しない限り通過できますが、審査に通らなった場合には同じサービスに何度も申し込んだり、他のサービスにすぐに申し込んだりするのはやめましょう。原因が何なのかをはっきりとしてから再度申し込むようにしないと信用情報に余計に傷がついてしまいます。

 

少人数の職場では注意が必要

サラ金の利用で心配なのは、会社への電話確認です。近年のサービスでは電話確認をしないで利用できるサービスもありますが、電話が必要なサービスの場合は、社員にばれないようにする必要があります。会社の信頼にも影響してしまうため、社員の借入には会社側も少し慎重になります。

 

お金の管理ができていない人と思われれば、それだけで任される仕事内容が変わることもあるので、少人数の現場などでは特に気を付けましょう。人間関係の悪化につながることもあるため、できるだけ注意して借り入れを利用してください。事前に電話確認がなくて済むサービスを選んだ方が安心して利用できます。